木曽岬町のゴミ分別(ごみの捨て方)

ゴミの分別方法は市町村ごとに異なります。
わかり難いゴミの分別方法・出し方を解決致します。

三重県の自治体別ごみの分別(三重ゴミ 分別)

 

木曽岬町のごみ分別・捨て方:よくある質問

捨て方に困る(迷いやすい)ゴミの処分方法

  • 衣装ケース
  • →乾電池・充電池
  • →スプレー缶
  • →消火器
  • →ピアノ
  • 洋服・衣類
  • →ライター
  • →薬
  • →バッテリー
  • →バイク
  • 楽器
  • →CD類
  • →水銀体温計
  • →タイヤ
  • →ビデオテープ

ゴミ・リサイクルについて、知りたい情報

ごみの処理・リサイクル・資源化に関する木曽岬町の情報(ごみ捨ての方法・収集日・その他記載内容)

可燃ごみ|ごみ分別について

★★ 可燃ごみの捨て方 ★★

可燃ごみの主な種類

●可燃ゴミ

★★ 可燃ごみの種類 順次ページ作成中です。★★ 情報掲載までしばらくお待ち下さい。

不燃ごみ|ごみ分別について

★★ 不燃ごみの捨て方 ★★

不燃ごみの主な種類

●不燃ごみ

★★ 可燃ごみの種類 順次ページ作成中です。★★ 情報掲載までしばらくお待ち下さい。

木曽岬町と町域について

  • 和泉
  • 近江島
  • 和富
  • 加路戸
  • 雁ケ地
  • 見入
  • 見入流作
  • 源緑輪中
  • 小和泉
  • 小林
  • 新加路戸
  • 外平喜
  • 田代
  • 富田子
  • 中和泉
  • 西対海地
  • 白鷺
  • 松永
  • 三崎
 

三重県北端、桑名(くわな)郡にある町。
1989年(平成1)町制施行。
木曽川河口に位置し、1889年(明治22)に木曽川デルタの最先端の意で村名が定められた。
1625年(寛永2)に北端の加路戸(かろと)新田の開発以来次々に干拓新田が加えられた木曽川と鍋田(なべた)川に囲まれた輪中(わじゅう)であるが、1959年(昭和34)の伊勢湾(いせわん)台風後、鍋田川が締め切られて愛知県と陸続きとなった。
面積15.72平方キロメートル(境界一部未定)、人口6855(2010)。

木曽岬町 役場     〒498-8503  三重県桑名郡木曽岬町大字西対海地251番地
HP:  http://www.town.kisosaki.lg.jp/

 

掲載情報について(免責事項)

このページに記載させて頂いている情報は、ページ作成時の情報を元に掲載しております。 その後の自治体での分別方法や出し方の変更などにより、必ずしも最新・正確な情報であると保障致しません。参考程度にお考え下さい。 また、個人の自己責任でご利用頂きます。 正しい最新の情報は木曽岬町役場ホームページ、及び担当部署にご確認をお願い致します。

ゴミの分別・捨て方

都道府県で検索